2018年08月17日

いやしの杜(8月16日)

一年置いての近場「いやしの杜」慰問ライヴでした。

ここでも合間に‘語り’を取り入れ好評を博したけれど、
今回の演目「嶽のお初」はミニ・チクオーピイが目玉なので

今まで以上の緊張を強いられ、前日には全部を覚えきれない
もどかしさから余程‘カンペ’を覚悟で臨んだのですが、当日の朝

最終調整のため芥子山で全体リハーサルをやったところが、30分間の
演目進行は余裕を持って終えそうなのを確信し、また「ウグイス」の名に
恥じない為にも思い切って失敗をも覚悟した上で、‘カンペ’に頼らずソラで

語り通そうと腹をくくりました。その結果「案ずるより産むが易し(安し)」でした。



音楽演奏も語りも完璧なほどスムーズに仕上がり、全てのメニューをこなし丁度30分。



現場の(施設の)スタッフさんにも途中セセラッコ演奏など手伝ってもらいとてもハッピーな
‘場’になりました。人数的には二十人程で比較的臨み易い雰囲気だったのが幸いでした。


奏でて好し、語って好し、歌って好し、最後に皆さんと三曲わだかまり無く大合唱しました。

この度の語り本番までの‘心の葛藤’は今後の「ウグイス」語り‘修羅場’に役立つでしょう。
posted by もくべえ at 10:36| Comment(0) | もくべえの風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

新しいコンビ

念願かなって、男性コンビの誕生なるか?

相方は‘歌わない’で専らアコースティック
ギター頼りに弾き続ける技巧派なのですが、

その超絶テクニックは例を見ない程独創的です。


縁あって巡り会ったもくべえにとって貴重な音楽家です。


「竹」さんの肝煎りで、有無を言わせず紹介初日に早速ライヴ要請・・・
強要が正しい・・・(笑)。共にアマチュアですが、会費を徴収する以上手は抜けない。



とは言え、本番がいつの日になるやら目下検討もつかない。お互いの日程調整が難しく
練習さえママならないのは必定。彼は某高速バスの運転手であり、もくべえは当座夜勤
と「語り」と「ワンマンショー」の奉仕活動に追われる身ですので、長期ビジョンが必要です。


あぁ!もう一つ別の‘ペア’が現在進行形でした。「わらべ」とのデュエットも完成させます。

掛け持ちが多くても、バランスよく愉しめているので今のところ不都合など感じません。
posted by もくべえ at 21:44| Comment(0) | もくべえの風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

自ら‘カリスマがある’と豪語したり、待ち受けソングに
「ゴッドファーザー」を選ぶなど、明らかに自己顕示欲の
強さを表すアマボクドンは正しく‘やくざのドン’に相応しい。

そのドンのお陰で各放送局などは視聴率を一杯稼げるのです。


その影で、水という人間(生物全体)にとって欠かす事の出来ない要素が
国の身勝手都合で突如「民営化」されてしまいました。水道管の老朽化は著しく

既に対応許容を超えており、その責任すら個別の企業側が将来の不安払拭を請け負い
国の身勝手都合で永久追放しようと企てる。スポーツのドンも政界のドンも似たり寄ったりです。



「忖度」を自らの押し付けとは見なすことなどありません。‘お前らが勝手に忖度しとるだけや’とうそぶき。
posted by もくべえ at 10:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド